So-net無料ブログ作成
検索選択
りょこう ブログトップ
前の10件 | -

(3Jan 2010)上海のこと③ [りょこう]

199.JPG 浦東の対岸からの風景

滞在3日目、今日はレトロ上海探しへ。母は両親の仕事の関係で
上海で生まれ、神戸で育ちました。かなり小さいときに上海にいたので
記憶はないらしいのですが、祖母は学生時代も上海で過ごし、結婚したのも上海。
地下鉄で母が暮らした、日本人祖界のスコット路へ行きました。
魯迅の住んだ家もそばにありました。老朽化が進み建て替えが行われてました。
195.JPG 披露宴準備中

結婚式を行った1846年創業の浦江飯店を訪ねました。
ホテルの人に写真を見てもらったところ、式場はどうも2階とか。
60年以上前の写真でも柱の位置や枠が同じなのですぐわかりました。
祖父母の結婚式をした場所にいる自分がとても不思議な感じがしました。
レトロなラウンジでお茶をしたあとはロシア大使館を超えたらすぐ浦東の対岸。
祖父母がこんな風景みたらびっくりしただろうなー。
レトロなティールームでまったり      196.JPG

古き良き上海にひたったあとは、新天地というおしゃれな場所に。
外国人向けのお店のあるこぎれいな場所でした。お目当てのアナベル・リーで
お買いものしたりしてました。
夜ごはんは、地元でも人気の上海人というレストランへ。
オーガニックの野菜を使った上海料理のお店でたくさん人も並んでました。
ホテルのコンシェルジュに予約をお願いしたものの、英語、日本語をわかる
店員さんがいなくて大苦労・・・
でもキャラクターが漢字だったからなんとか。上海料理って味が濃厚というけど、
はっきりした味で思ったより油もたっぷりで、そのバランスが好きになりました。
短い滞在だったけど、自分のルーツを知ったり、またニュースでしかわからなかった
中国の成長を肌で感じることができていい旅になりました。
中国語の勉強、ちょこっと検討中。。。、祖父母は内緒話は中国語でしてたらしい。
それって超格好いい!

207.JPG  211.JPG
黒酢を使った甘辛いのが上海スタイル。  四川スタイルのえびちり。激辛~
210.JPG  212.JPG
ふかひれにも香辛料がたっぷりなのも上海スタイルみたい・・・
213.JPG トロトロに柔らかった鳥のモモ、好吃♪


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

(2Jan 2010)上海のこと② [りょこう]

163.JPG チュンザンパーク

元旦の日は、朝から公園へ。上海の人は公園が好きみたいで、とにかく色々な
ことをしてました。社交ダンス、カラオケ、太極拳、気功のレッスン、写生、
鳥の品評会、議論etc ロンドンの公園に少し似てるかもしれない。
偽物ミッキーもいました、さすが。  165.JPG

ランチはホテルの近所の地元の人がいっぱいのお店でランチ。
香港スタイルとの違いが何となくわかってきました。中華も色々あるんだー
166.JPG  167.JPG
上海といえば小籠包だよー。 

168.JPG 私はあんこのスイーツにはまり毎回食べました。

午後は禅寺へ初詣ででかけたり、高層ビル群のある浦東(ぷーとん)へ
行きました。この辺は万博の会場となっていて建設中の建物がいっぱい。
ついでに、休日のため人がとにかくいっぱい・・・

170.JPG 今年もいい年になりますように!

177.JPG   184.JPG
フィナンシャルセンターは100階建て。 こっちはthe中国のイメージの豫園商城。



とても中国らしい、豫園商城へも行ってきました。やはり思ってたより物価が
高くってお買いもの気分にはあんまりなれずに残念。
この日は上海ではおしゃれなZENというお店で夜ごはんを。ビジネスでもよくつかわれる
お店らしい。
185.JPG  186.JPG
なぜか海鮮うどんというメニューがあるので頼んでみた。つるつるして食べにくかったー

いまどきの中華で若い人も多いお店でした。  187.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

(1Jan 2010)上海のこと① [りょこう]

 175.JPG

大晦日から1月3日まで上海へ行ってました。
今年は万博yearで準備のために色々なところで工事が行われていました。
それにしても超高層ビルは100F建てだし、新宿のビル位の高さのマンション
そこらじゅうにありました。
モノもたくさんあるし、物価も日本より少し安いくらい、今年はGDP世界第2位になる
国の中心地、あと数年経ったらアジアの中心になるのは確実です。
市内観光では、数年後にはなくなっていそうなoldtownを見に行ったり、禅寺へ
行ったりしてました。
食事は上海料理を中心にしてみました。小龍包と上海蟹などなど、ガイドで見つけた
お店へ。
大みそかは、洋館で中華が頂ける席家花園酒家に行ってみました。ここでは蟹の身
と味噌をぜいたくに使った、清炒蟹粉二吃を。炒めた蟹の身を皮に包んでたべて、
残りはマーボー蟹豆腐に。これは日本では食べたことないっ、好吃♪
150.JPG 152.JPG
エビに黒酢もおいしい。 中国の野菜、名前は忘れたけどホウレンソウを濃くした味。
 

151.JPG 蟹の身をたっぷり包んで食べました~

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

(28June 2009)ソウルのこと③ [りょこう]

ソウル滞在の最終日は朝からエステへ。伊勢丹にも入ってる韓国化粧品メーカー、
アモーレ・パシフィック系列のエステサロンハンユルジョンの美白コースを体験しました。
お部屋もきれいでエスティシャンの方も丁寧だったし大満足。ピーリングにマスクで、
日本で受けるのと変わらないサービスでお値段もやはりこちらも1/3かな。また次回も
是非いって見たいです。場所も明洞のど真ん中でとても便利♪
P6281238.JPG お部屋はこんな感じ。日本と同じかな。

エステの後はロッテ百貨店でお買い物。こちらは全館セール中で、日本状態でお買い物
をしてしまいました。仕事用スーツが春モノの大ディスカウントで買えたのが大きな収穫でした。
日本よりセール時期は早めみたいで、割引率も日本より高くてラッキー。

もう思い残すこともなくなったところで、空港へ向かう前に東邦
蔘鶏湯でランチを。
ここはタクシーの運転手さんお勧めのお店とのこと。私は烏骨鶏(うこっけい)
蔘鶏湯にしてみました。こちらも素材がいいので味付けは弱く、とても体に優しい
味でした。
P6281239.JPG P6281241.JPG
信号を渡ってすぐのところ。
烏骨鶏は骨も少し黒いです・・・

金浦空港には少し早めに到着したので、空港のショッピングモールを散策。
もう買い物の気分ではなかったので、搭乗前に少し休憩。フードコートのような
ところで、おじさんたちが食べてるデザートを発見したので、同じものを注文して
試してみることに。ソウルではあんまりアジアしたデザートを見つけなかったけど
最後の最後に少し不思議なものを発見して楽しかったです。甘かったけど、なぜ
かとまらず完食しました。
        P6281242.JPG
カキ氷の上にアイスとフルーツ、そしてトーストに生クリームのセット。おじさんたち
はトーストに生クリームをつけて(これが結構美味しかった)なくなったらカキ氷に
トーストをdipしてました。

1時間半くらいのフライト、羽田着で帰りも楽で、食事もコスメも買い物も充実
してるソウル。ずっとガイド本を頼り行動してたので入り組んだ場所で分からなく
なったこともしばしば。そんな時は必ず誰かが近づいて教えてくれたり、近く
までナビしてくれたり親切な人がいっぱいで嬉しかったです。私も見習わないと。
少し忙しかったけど、人、食べ物、リラクゼーションで、気分はとても癒され
ました。また行くためには仕事しないと!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

(27June 2009)ソウルのこと② [りょこう]

前日は明け方までお出かけでしたが、体力をつけるために朝ごはんを食べに
少しお散歩。明洞の裏手にある粥郷まであわび粥を食べに行きました。
もちろん天然の方をオーダーしました。あわびのぷりぷりとトロッとしたお粥が絶妙。
P6271213.JPG
その後はまだ混雑する前の明洞のコスメショップでお買い物。IKKOのガイドで目星
はつけてたけど、目移りしてしまって大変。。。店員さんに添加物などを聞いて、自然の
ものを使ったブランドのものに絞ってお買い物。
ひと段落したらネイルサロンへ。ジェルネイルは日本のほぼ1/3の値段。仕事がら
ネイルアートはできないのでこちらの技術と値段で大満足♪
お昼時に春馬くんお勧めの安国洞方面へ移動。
安国駅で催しやってました。P6271214.JPG 

駅を出てしばらく歩くとこぢんまりとした一軒家のお店が並ぶ場所があり、韓定食の
お店ヌイジョでランチを。
   門から入るとこんな入り口が。  P6271228.JPG
築500年の民家を改装した店内で無農薬野菜をつかったお料理を頂きました。
こちらも体に優しい味の上、クラシカルでとてもくつろげる雰囲気でかなりまったり。

P6271217.JPG P6271220.JPG
かぼちゃのお粥に、水キムチ。この時期はどこでも冷やしたキムチがだされます。
P6271223.JPG  P6271224.JPG
最後には蓮の葉に入ったおこわ、あつあつのチゲも。煮豆もどこでもでてました。

食後は三清洞方面へお散歩。途中、おしゃれなカフェやアクセサリー屋さんも
あって、観光客よりジモトの方が多そうな場所でした。ウィンドーショッピング後は
お茶をしに、チェマシヌントゥルへ。こちらも昔のオウチを改築した和みのカフェで、
私のお目当てはかぼちゃの蒸し餅、ホバクシルトクと冷えたコドルムチャ。
夏休み田舎の家でくつろいでるような気分になれました。
P6271231.JPG P6271232.JPG
色と入れ物がかわいい。蒸し餅は注文してから蒸すので熱々でとても美味~。

くつろいだあとはロッテマートでお買い物。私はなぜかキシリトールガムの値段に
感動して大人買い。あとは食材関係と五味子茶やゆず茶を購入。
夜は昨日は東大門だったので、もういっこの南大門へ。こちらは夜は早仕舞いで
メインの通りに食材や雑貨のお店があいてる程度。ウイットのある雑貨をgetして、〆は
やたら元気なオムニの屋台で夜ご飯。生きてる蛤がいたりする以外はほとんどお祭り
の屋台な感じ。韓国の薄いビールに屋台ご飯はぴったり。ソトでご飯がすきな私には
嬉しいご飯でした。
P6271233.JPG P6271234.JPG
なんとなく御徒町っぽい感じ。屋台はどこも同じ食材でやってました。談合してるのかなー

P6271235.JPG P6271236.JPG
チャプチェ、トッポギ、チジミなどの定番とハマグリの炒め物。ビールとあって美味でした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

(26June 2009)ソウルのこと① [りょこう]

ソウルへいってきました。金曜日のお昼からフリーで、とりあえず明洞へ。
日本にお店があんまりないプテチゲを食べてみたくて裏道の方にあるお店へ。
チゲにスパムとか色々なソーセージにラーメンが入っていて、子どもも好きそうな感じ。

P6261208.JPG

ざらっと目をつけていたコスメショップをチラ見して、日本では激混みで近寄りたくない
Forever21でゆったりお買い物。隣のZARAはsaleでとても混んでました。
夜はハイソな
狎鴎亭洞のノルプ・ユファンオリ・ジンフッククイでディナー。あらかじめ
予約しておいた硫黄鴨の丸焼き、
中に体によさそうな具が入ってて美味しそう。
P6261209.JPG P6261210.JPG

ディナーをご一緒した、韓国人の春馬くんからここまで疑問に思っていたことを色々質問。
そして、絶対
明洞より
北がお勧めと聞いて、明日以降の予定を変更。こじゃれた狎鴎亭洞
がいいかなと思ってたけど想像以上にアクセスが悪くてブルーになってたので、クラシカル
な町並み
の方へ行くことに決めました。
こちらのお店は有名人もたくさんきてるらしく、春馬くんにサイン色紙を読んでもらいました。
とにかくこの辺は韓国セレブの出没地帯とのことでした。

ちょうど真ん中の左側はチェジュウだってP6261212.JPG

ディナー後は東大門で夜中までショッピング。収穫はジャージくらいだったけど、夜中も
ふつーにお店が空いてて、アジアンな感じを満喫。そして帰りのタクシーでは、とっくに
電車の無い時間で黒い模範タクシーに乗ったにもかかわらず、思いっきりふっかけられ、
これもアジア~と思うのでした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

(31May 2009)ことしの初島 [りょこう]

今年もEguファミリーに初島につれてってもらいました。


gazou 084.jpg  gazou 085.jpg

私の中では初島っていうと、おさかな。普段食べない舟盛、あわび。
Otaさん、ほんとうにご馳走様でした。 

   
          gazou 086.jpg 

おさかなのあとは、CASAMATTAの赤にウオッシュタイプのチーズと熟成した
カマンベールを。評判通り、美味しいトスカーナワインでした♪
また来年も行けるように頑張って働くよ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

(28Mar 2009)parisのこと⑦ [りょこう]

P3231022.JPG 朝、アパルトマンの近所で。
土曜日の午後のフライトで日本へ戻りました。
今回のステイ先はモンマルトルのサクレクール寺院脇のAnneのアパルトマン
でした。英語の堪能な彼女はツーリストへ自分の部屋をそのまま貸していて、
すべてそろった部屋で自分の家の感覚でパリ暮らしができました。
モンマルトルにしたのはお友達の家が近かったことと、留学時何度か来た事が
あったので懐かしさもあって決めたのでした。体調が悪くなったこともあったので
知り合いの近所でなれた場所にしてよかったなと思ったけど、次回はがらっと
雰囲気を変えて左岸にステイしてみたいな。
アパルトマン暮らしのいいところは食事を作ったり、家のようにくつろげるところ。
でも普段家で暮らすときの面倒さが付きまといます。ゴミ出し、掃除などなど。
女性同士、家族連れにはお勧めです。アパルトマンはこんな感じ。水周りが狭いのが
パリの残念なところです。
間取りは1LDK、静かな住宅地で、難点は丘の上のモンマルトルの建物らしく、階段を
2つ下ったところにお部屋があったこと。日当たりは良好だったのでよかったです♪

P3281138.JPG  P3281139.JPG
ブランジェリー、お惣菜屋さん、マルシェ、BIOスーパー、普段暮らしの食文化の水準は
やっぱり東京よりパリの方が上かな。
今回はフランスのふかーい食文化から生活、政治、恋愛まで知ることができたことが
なによりの収穫です。
いいところ取りな私は本当によかったと思ったところだけ影響を受けようと思います。。。

最後に無事日本に帰ることができて、Michikoさん、日本で心配してくれた友達、前半一緒
にパリ暮らししてくれたMちゃんに感謝。おかげで良いバケーションになりました[ぴかぴか(新しい)]
でもまだまだ遣り残したことがたくさんあるので、またお遊びに行かないと!

P3221010.JPG  P3251101.JPG
Michikoさんお手製の鴨のコンフィ。家庭料理では付け添えはマメやジャガイモが多いです。
朝ごはんは大体サラダとバゲット。Naturaliaのオリーブオイル、赤ワインビネガーをまぜた
だけのシンプルドレッシングにはまってました、日本でも実践しなきゃ。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

(27Mar 2009)parisのこと⑥ [りょこう]

P3271129.JPG 占い師のズルイ目がたまらなく好き。

金曜日はパリで丸一日動ける最終日でした。ご飯は食べれるようになったし、
だいぶ調子もよくなってきたので精力的に動くことに。
郊外にあるコルビジェの建物に心惹かれながら、やっぱり絵を見に行ってしまいました。
ルーブルのデュノン翼に直行。ルーブルは春休みのヨーロピアンの学生やら観光客で
とても混んでました。デュノンはイタリアの絵画がメインの区画で、混んでるルーブルでは
ここを見て帰ることも多い私。カラバッジオとダビンチを見てすっかり元気になりました。
フランス絵画みたいに華やかではないけど、イタリアの絵画や宗教画の人間味があって、
重厚で渋い色合いの作品に私は惹かれます。
ダヴィンチの絵、洗礼者ヨハネも好きな絵です。聖人なのになんだか艶かしい感じが一度
見ると忘れられません。東洋の仏像にみられる、アルカイックスマイルがオリエントの私は
見慣れてるので親近感が沸くのかもしれません。洗礼者ヨハネは大変重要なモチーフで、
そのほかサロメに斬首刑に処される絵はたくさんの画家によって描かれています。

                           P3271127.JPG
絵画を見て気分が乗ってきて、お買い物へ。ボンマルシェで日本では珍しい食料品を
買ったあと、Michikoさんに私の今回のお気に入りのBIOスーパー、Naturaliaの
化粧品専門店に連れて行ってもらいました。
Naturaliaは日本で言うと表参道のNaturalHouseのような感じ?
ここ数年でパリ市内にたくさん店舗ができてるそうです。
で、Beaute BIOとあるとおり自然派化粧品オンリー。どうも自然派化粧品はドイツ
のものが多いようでドクターハウシュカ、ヴェレダなど。
あと、アラブの目ヂカラ化粧品も人気みたいです。アラブのものはヘナとか自然素材
が多いのでこちらも納得です。さすがにこれは勇気がないのでパスしました。
それにしても今回はまってしまった、Naturalia、日本にもできないかしら。
ついでに、ボンマルシェも!

P3271118.JPG    P3271116.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

(26Mar 2009)parisのこと⑤ [りょこう]

P3251102.JPG 寺院の中は静かで癒されます。

水曜日、木曜日の午前中家やサクレクール寺院周辺でのんびりして、何とか
体調も回復しました。
お友達にも心配されて、ご飯しましょうと誘われて伺いました。
私の大好きなクスクスを作ってくれてました。香辛料もマイルドでお野菜も肉も
トロトロでとても体に優しい味でした。お肉モリモリだったのは、こっちではこのくらい
当たり前らしく。美味しかったので全部食べて少し元気になった気がします。
P3271122.JPG
アパルトマンのテレビでCNNが見れたのだけど、水曜日急に見れなくなってしまって、
長時間フランス語漬けになってたところ、めちゃくちゃ気になる人を発見しました。
マダム・ダティ、どうもフランス版情熱大陸?のような番組の番宣で何度も映像を
見てしまって釘付けに。とても美しく、知的で、ミステリアスな雰囲気が女性の目から
見てもどんな人なんだろうと気になってしまいました。
マグレブ系移民の法相で1月に未婚のまま女の子を出産したということで名前は
知ってたけど、6月には法相を辞任し、欧州議会選挙に出馬するらしく、今後の
動向がとても注目されているそうです。出産後5日で仕事に復帰したそうだし、
色々なことがあり得ない人です。

妊娠中のダティさん、こんな妊婦姿初めて。 

で、フランスの恋愛事情について色々聞いてみました。未婚であっても子ども
育てたりできる環境が整っているためか、結婚にこだわらないのは知っていたけど、
リベルテの国らしくその時々でパートナーが変わることも別に問題ではないようです。
いくつになっても恋愛をたくさんするんでしょうね。確かに大統領にしてもそうだし、
残念ながら日本ではサルコジさんやダティさんのような生き方をできる土壌はなさそう。
お友達にはあなたは日本人にしては個性的な人だからリベルテに向いてるわ、と
言われたけど、今回色々なフランスの恋愛話を聞いてみて、私はすっかり考え方の
古いつまらない人の意見になってしまって、何だか自分に残念でした。
リベルテはすばらしいけど、その分自分が強くないと難しいです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - りょこう ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。